ブログトップページ > 受注事例 緊急対応!! 水道水中に含まれる農薬の分析

総合環境分析ブログ

月別アーカイブ: 2017年9月

受注事例 緊急対応!! 水道水中に含まれる農薬の分析

弊社のお客様のお宅で畑の下を通っている市水の水道管が破損、水道管はすぐに修復、復旧したのですが、水道管内に一部畑の土が混入していたことが確認されました。

畑では農薬を使用しており、水道管内に残留する農薬を心配されておられました。使用している農薬はD-D剤で主な成分は1,3-ジクロロプロペンとういう物質です。ご相談があった日に採水容器を送り、翌日お客様が採水し弊社にお持ち込になられました。

ガスクロマトグラフ質量分析計で測定しました。

 

復旧直後の水道水を検査した結果は水質管理目標設定項目(農薬類)の目標値以下で、安全が確認され御依頼者様も安心しておられました。

弊社では、緊急時の対応も行なっておりますので、是非お問合せ下さい。

鶴見川(鴨居)水質分析結果 平成29年9月

鶴見川の様子

株式会社総合環境分析では社会貢献の一環として事業所近くの河川や湖沼の水質について定期的に水質分析を自主的に行っております。
横浜本社近くの鶴見川についても定期的に水質分析を行っております。

分析結果について下記のとおり発表させていただきます。

採水場所: 鶴見川(横浜市緑区鴨居)
採水日 : 平成29年9月20日
採取時間: 14:00

分析項目 分析結果
pH 7.6(24.8℃)
浮遊物質量(SS) 3.0
BOD 2.0
CODMn 6.2
全窒素 8.5
全リン 0.20
DO 7.3

※上記分析結果はあくまでも自主的な調査分析に基づく数値でございます。
数値に関するお問い合わせは受付けておりませんのでご了承下さい。
また、上記数値結果について第三者による利用は固くお断りいたします。
第三者利用により発生した損害・紛争等について当社は一切の責任を負いません。