第23回LC&LC/MSテクノプラザ にて講演等を行ないました! | 株式会社総合環境分析|飲料水検査・水質分析・土壌調査のことならお任せ下さい。
ブログトップページ >  第23回LC&LC/MSテクノプラザ にて講演等を行ないました!

総合環境分析ブログ

第23回LC&LC/MSテクノプラザ にて講演等を行ないました!

公益社団法人日本分析化学会 液体クロマトグラフィー研究懇談会主催の 第23回LC&LC/MSテクノプラザにおいて、当社の技術部 次長 大塚克弘 が現地世話人及び講演を務めさせて頂きました。
また、技術部 課長補佐 石川義久と技術部 主任補 小路はるか がポスター発表を行ないました。

主 催:(公社)日本分析化学会液体クロマトグラフィー研究懇談会
共 催:(公社)日本分析化学会、(公社)日本化学会、(公社)日本薬学会ほか
後 援:(一社)日本分析機器工業会
開催日: 平成30年1月18日(木)、平成30年1月19日(金)
会 場: 横浜情報文化センター 7階 情文ホール

ヤッチャッタ講演及びポスター発表

【 ヤッチャッタ講演 】
 講演主題 : 分析技術者から見た環境分析の仕事
 講 演 者 : 大塚克弘

【 ポスター発表 】
 テーマ : LC-MS/MSを用いた水道水中のハロ酢酸の微量分析
 発表者 : ○小路はるか、石川義久、大塚克弘、望月直樹(横浜薬大)

第23回LC&LC/MSテクノプラザ 現地世話人を終えて
株式会社総合環境分析 技術部 次長 大塚克弘

 技術部の大塚克弘です。今回、公益社団法人日本分析化学会 液体クロマトグラフィー研究懇談会主催の 第23回LC&LC/MSテクノプラザにおいて、現地世話人を務めさせて頂きました。また、講演もさせて頂きました。
 現地世話人とは、会場の予約や設営など、テクノプラザを開催するに当たり、準備をしたり、当日のお世話をしたりする仕事になります。一昨年の9月に本研究懇談会の准役員として入会して、4ヶ月後の翌年の1月に中村洋先生からテクノプラザの現地世話人のお話を頂き、直ぐにお受け致しました。世話人というのは、お祭りでも重要な仕事であり、運営するために皆さんのお世話をして滞りなく終わらせる重要な仕事だからです。
 また8月には、「ヤッチャッタ講演」を新設することになり、現地世話人が講演するということで、60分の講演をさせて頂きました。初めての試みなので、戸惑いましたが、「分析技術者から見た環境分析という仕事」ということでお話させて頂きました。分析技術者からの目線での業界の話というのは、あまり無いと思います。環境分析における疑問点や問題点について前半お話をさせて頂き、後半は恥ずかしながら私の失敗談を4例させて頂きました。楽しんで頂けましたでしょうか。
 第23回LC&LC/MSテクノプラザを開催するために、多くの方々からご支援を頂きました。中村洋先生をはじめ、液体クロマトグラフィー研究懇談会役員の皆様、また、ご来場頂きました皆様、カタログ展示や景品を提供して頂きました企業の皆様には、厚く御礼申し上げます。有難うございました。