ブログトップページ >  横浜セミナーにて講演及び開催担当を行ないました!

総合環境分析ブログ

横浜セミナーにて講演及び開催担当を行ないました!

公益社団法人日本分析化学会 関東支部主催の「横浜セミナー~環境分析における分析化学の進展~」において、当社の技術部 次長 大塚克弘 が開催担当及び講演を務めさせて頂きました。

主 催:(公社)日本分析化学会関東支部
共 催:(一社)神奈川県環境計量協議会
開催日: 平成30年7月30日(月)
会 場: 神奈川県労働プラザ(Lプラザ)


横浜セミナー~環境分析における分析化学の進展~ポスター

 

フォトセレクション

横浜セミナー 開催担当を終えて
株式会社総合環境分析 技術部 次長 大塚克弘

 技術部の大塚克弘です。今年の春より、(公社)日本分析化学会関東支部の幹事に就任いたしました。
 そこで、関東支部長の望月直樹先生(横浜薬科大学)より神奈川地区で初めての分析技術交流会の開催担当を依頼され、「第1回横浜セミナー」ということで、私が所属する(一社)神奈川県環境計量協議会と共催する事によって、開催する運びとなりました。「環境における分析化学の進展」をテーマとして、望月先生のLC/MS/MSのご講演を皮切りに、環境分析における分析機器、ICP, ICP/MS, GC, GC/MS, LC, LC/MSの環境分析、水道水分析などの最新情報をメーカーの皆様により講演して貰いました。加えて私も環境分析の現状ということでお話をさせて頂きました。
 また、橘田 規先生((一財)日本食品検査)より、分析法バリデーションの基礎をご講演頂き、環境分析より先に進んでいるバリデーションについて優しく丁寧に解説して頂きました。
 更に、池貝隆宏先生(神奈川県環境科学センター)より、「神奈川県の水質常時監視における精度管理の取り組み」ということで、特にクロスチェックなどで問題となった事例をお話しして頂き、勉強になりました。
 57名も参加して頂き、盛況に終わる事が出来ました。また、情報交換会も44名も集まって頂き、中華街で中華料理を楽しみながら親交を深める事が出来ました。
 今回、関東支部として初めて神奈川地区の開催となり、開催担当として名誉なことであり、来年も開催したいと考えております。
 横浜セミナーを開催するに当たり、多くの方々からご支援を頂きました。望月先生をはじめ、関東支部長を前任された中込和哉先生、鈴木康志先生(㈱島津製作所)、また、ご来場頂きました皆様、カタログ展示をして頂きました企業の皆様、共催としてご協力して頂きました(一社)神奈川県環境計量協議会の皆様には、厚く御礼申し上げます。有難うございました。