トップページ >  各種検査・分析案内 >  ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)の分析

ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)の分析

PFOS・PFOAの分析

PHM04_0917

これまでペルフルオロオクタンスルホン酸( PFOS )及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)は水質環境基準体系では要検討項目に位置付けられておりましたが、水道水の原水および浄水から一定程度検出される状況が継続しており、浄水場における水質管理を適切に行うという観点において2020年4月1日から要検討項目から水質管理目標設定項目へ変更になりました。
総合環境分析では水質管理目標設定項目に対応したPFOS及びPFOAの分析を承っております。

【PFOS・PFOAとは】
PFOS:PerFluoroOctaneSulfonic acidの略称で、
有機フッ素化合物の一種で撥水剤や紙・布の防汚剤原料、泡消火剤成分等として広く使われてきました。
PFOA:PerFluoroOctanoic Acidの略称で、
食品包装紙の撥水加工原料などとして広く使われてきました。

水質管理目標設定項目 目標値

ペルフルオロオクタンスルホン酸( PFOS )及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)の量の和として、
0.00005mg/L(50ng/L)以下(暫定)

総合環境分析のPFOS及びPFOA分析の対応


総合環境分析は水道法第20条に基づく厚生労働大臣登録の水質検査機関、水道GLP認定機関として多くの分析実績があります。
また、当社では高速液体クロマトグラフタンデム質量分析装置(LC-MS/MS)を導入し分析体制を整えております。
定量下限値として、暫定目標値の1/10程度まで対応可能でございます。
納期については8営業日程度を予定しておりますが、検体数によって変わりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

試料量について

精製水及びメタノールで十分洗浄したポリプロピレン瓶(容量1リットル)、1検体当たり2本程度必要になります。

PFOS及びPFOAの分析料金について

PFOS及びPFOAの分析料金は、現場採水が必要か否かも含めお気軽にお問い合わせください。

見積もり依頼フォームへ