トップページ >  各種検査・分析案内 >  排水・工場排水の分析

排水・工場排水の分析

排水・工場排水の水質分析について

水質汚濁防止法や下水道法では、工場や事業場から排出される下水、排水や、さらに地下に浸透する汚水を規制しています。 生活排水対策を推進することによって、水質汚濁の防止を図ることを目的としており、基準違反に対しては罰則などが定められています。 さらに、都道府県の条例で、上乗せ基準(区域を指定して 一律基準よりも厳しい許容限度とする基準)や横出し基準(一律基準以外の項目について規制)も定められています。
上乗せ基準については管轄の自治体にお問い合わせ下さい。

水質汚濁防止法による排水基準
(環境省 水質汚濁防止法(排水基準を定める省令 別表第1 別表第2)に基づく)

健康項目

有害物質の種類 許容限度
カドミウム及びその化合物
0.03mg/l
シアン化合物 1mg/l
有機燐化合物
(パラチオン、メチル パラチオン、メチルジメトン及び EPNに限る。)
1mg/l
鉛及びその化合物 0.1mg/l
六価クロム化合物 0.5mg/l
砒素及びその化合物 0.1mg/l
水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物 0.005mg/l
アルキル水銀化合物 検出されないこと
ポリ塩化ビフェニル 0.003mg/l
トリクロロエチレン 0.1mg/l
テトラクロロエチレン 0.1mg/l
ジクロロメタン 0.2mg/l
四塩化炭素 0.02mg/l
1,2-ジクロロエタン 0.04mg/l
1,1-ジクロロエチレン 1mg/l
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.4mg/l
1,1,1-トリクロロエタン 3mg/l
1,1,2-トリクロロエタン 0.06mg/l
1,3-ジクロロプロペン 0.02mg/l
チウラム 0.06mg/l
シマジン 0.03mg/l
チオベンカルブ 0.2mg/l
ベンゼン 0.1mg/l
セレン及びその化合物 0.1mg/l
ほう素及びその化合物 海域以外 10mg/l
海域 230mg/l
ふっ素及びその化合物 海域以外 8mg/l
海域 15mg/l
アンモニア、アンモニウム化合物亜硝酸化合物及び硝酸化合物 (*)100mg/l
1,4-ジオキサン 0.5mg/l

(*)・・・アンモニア性窒素に0.4を乗じたもの、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素の合計量。

【備考】
「検出されないこと。」とは、第2条の規定に基づき環境大臣が定める方法により排出水の汚染状態を検定した場合において、その結果が当該検定方法の定量限界を下回ることをいう。
砒(ひ)素及びその化合物についての排水基準は、水質汚濁防止法施行令及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令(昭和49年政令第363号)の施行の際現にゆう出している温泉(温泉法(昭和23年法律第125号)第2条第1項に規定するものをいう。 以下同じ。)を利用する旅館業に属する事業場に係る排出水については、当分の間、適用しない。


生活環境項目

項目 許容限度
水素イオン濃度(pH) 海域以外 5.8-8.6
海域 5.0-9.0
生物化学的酸素要求量(BOD) 160mg/l
(日間平均 120mg/l)
化学的酸素要求量(COD) 160mg/l
(日間平均 120mg/l)
浮遊物質量(SS) 200mg/l
(日間平均 150mg/l)
ノルマルヘキサン抽出物質含有量
(鉱油類含有量)
5mg/l
ノルマルヘキサン抽出物質含有量
(動植物油脂類含有量)
30mg/l
フェノール類含有量 5mg/l
銅含有量 3mg/
亜鉛含有量 2mg/l
溶解性鉄含有量 10mg/l
溶解性マンガン含有量 10mg/l
クロム含有量 2mg/l
大腸菌群数 日間平均 3,000個/cm3
窒素含有量 120mg/l
(日間平均 60mg/l)
燐含有量 16mg/l
(日間平均 8mg/l)

【備考】

  • 「日間平均」による許容限度は、1日の排出水の平均的な汚染状態について定めたものである。
  • この表に掲げる排水基準は、1日当たりの平均的な排出水の量が50立方メートル以上である工場又は事業場に係る排出水について適用する。
  • 水素イオン濃度及び溶解性鉄含有量についての排水基準は、硫黄鉱業(硫黄と共存する硫化鉄鉱を掘採する鉱業を含む。)に属する工場又は事業場に係る排出水については適用しない。
  • 水素イオン濃度、銅含有量、亜鉛含有量、溶解性鉄含有量、溶解性マンガン含有量及びクロム含有量についての排水基準は、水質汚濁防止法施行令及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令の施行の際現にゆう出している温泉を利用する旅館業に属する事業場に係る排出水については、当分の間、適用しない。
  • 生物化学的酸素要求量についての排水基準は、海域及び湖沼以外の公共用水域に排出される排出水に限って適用し、化学的酸素要求量についての排水基準は、海域及び湖沼に排出される排出水に限って適用する。
  • 窒素含有量についての排水基準は、窒素が湖沼植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある湖沼として環境大臣が定める湖沼、海洋植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある海域(湖沼であって水の塩素イオン含有量が1リットルにつき9,000ミリグラムを超えるものを含む。以下同じ。)として環境大臣が定める海域及びこれらに流入する公共用水域に排出される排出水に限って適用する。
  • 燐(りん)含有量についての排水基準は、燐(りん)が湖沼植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある湖沼として環境大臣が定める湖沼、海洋植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある海域として環境大臣が定める海域及びこれらに流入する公共用水域に排出される排出水に限って適用する。
※「環境大臣が定める湖沼」=昭60環告27(窒素含有量又は燐含有量についての排水基準に係る湖沼) 「環境大臣が定める海域」=平5環告67(窒素含有量又は燐含有量についての排水基準に係る海域)
※「環境大臣が定める海域」=平5環告67(窒素含有量又は燐含有量についての排水基準に係る海域)

見積もり依頼フォームへ
水道水・飲料水検査/常水検査 水道法に基づく水質検査
上水道・簡易水道事業
水道法に基づく水質検査
専用水道(水道法第20条)
建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル管理法)の飲料水検査 貯水槽・受水槽清掃後の水質検査 井戸水(飲用)の水質検査 学校環境衛生基準に基づく飲料水検査 食品衛生法水質検査 日本薬局方に基づく常水の水質検査
  生活衛生の水質検査 公衆浴場における水質基準等に関する指針に基づく検査 レジオネラ属菌の検査 建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル管理法)中水雑用水の検査 冷却塔水検査 プール水検査   環境水・排水の水質分析 環境水分析/環境調査 排水・工場排水の分析 LASの分析   土壌分析 / 産廃分析 / 固質分析 土壌汚染対策法に基づく土壌分析 建設発生土/残土分析 産業廃棄物の分析   空気中の測定 焼却炉ばい煙測定/ボイラーばい煙測定 室内空気中化学物質の測定
(シックハウス測定)
学校環境衛生基準に基づく揮発性有機化合物(シックスクール)測定 臭気測定・悪臭分析 空気中のアスベスト飛散量調査
  その他の分析測定 軽元素の同位体比分析 トランス油中のPCB分析 クリプトスポリジウム原虫検査 放射能/放射線測定 騒音測定 ダイオキシン類分析