トップページ > 過去のお知らせ一覧

お知らせ

検査・分析業の皆様向けコンテンツを公開しました。

検査・分析業の皆様向けコンテンツを公開しました。

水道法20条検査機関・水道水分析会社、検査会社等、同業者の皆様及び分析外注を検討している企業様、
総合環境分析では豊富な実績がございますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。

検査・分析業の皆様へ

2017年春卒 新卒採用追加募集のお知らせ

2017年(平成29年)3月卒の新卒者を追加募集することになりました。
現大学4年生及び既卒者(第二新卒)が対象となります。
ご興味のある方はぜひご応募下さい。

詳しくはこちら
2017年春卒 新卒採用追加募集!

年末年始の検体受付のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社の年末年始休暇は下記となります。

弊社年末年始休暇  :  平成28年12月29日(木)~平成29年1月4日(水)

また検体の年内受注締切日と年始受注再開日は下記となります。

年内受注締切日  :  平成28年12月28日(水)
年始受注再開日  :  平成29年1月5日(木)

年内に結果が必要な場合の受付締切は下記となります。

分析項目又は検体の種類 年内報告が可能な受付締切日
BOD 12月20日(火)
VOC 12月21日(水)
レジオネラ属菌 12月19日(月)
大腸菌群数(最確数法) 12月22日(木)
その他の細菌検査 12月26日(月)
飲料水 12月16日(金)
(10~16項目は12月20日(火))

※上記締切日を経過後は12月28日まで検体の受付は可能ですが、結果報告につきましては年明けの報告となりますのでご了承下さい。

その他注意点などがございますので、詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
年末年始の検体受付のご案内

ご不明な点がございましたら、当社営業部へお問い合わせ下さい。
TEL:045-929-0033

クリプトスポリジウム・ジアルジア・指標菌の検査

クリプトスポリジウム・ジアルジア・指標菌の検査についてページを公開しました。

水道法20条検査機関・水道水分析会社、検査会社等、同業者の皆様及びクリプトの検査分析を検討している企業様、
総合環境分析では多数の実績がございますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。

クリプトスポリジウム・ジアルジア・指標菌の検査

日本テレビ「ZIP!」の取材を受けました。

日本テレビ「ZIP!」の取材を受けました。
詳しくはこちらをご確認下さい。

https://www.s-kb.co.jp/blog/?p=863

トリクロロエチレンの産廃基準が改正!

環境省より「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則等の一部を改正する省令」が公布され、トリクロロエチレンについて廃棄物最終処分場からの放流水の排出基準、特別管理産業廃棄物の判定基準等が改正され平成28年9月15日より施行されることとなりました。

改正の概要は以下のとおりです。

(1)トリクロロエチレンについて特別管理産業廃棄物に該当するものとして環境省令で定める基準を、以下の表に適合しないことに変更されました。

廃棄物の種類

基準(Before)

基準(After)

指定下水汚泥関係

(規則第1条の2第5項関係)

指定下水汚泥又は指定下水汚泥を処分するために処理したもの
(廃酸又は廃アルカリ以外)

(現行)0.3mg/L

0.1mg/L以下

指定下水汚泥を処分するために処理したもの
(廃酸又は廃アルカリ)

(現行)3mg/L

1mg/L以下

廃油関係

(規則第1条の2第10項関係)

廃油を処分するために処理したもの
(廃油、廃酸又は廃アルカリ以外)

(現行)0.3mg/L

0.1mg/L以下

廃油を処分するために処理したもの
(廃酸又は廃アルカリ)

(現行)3mg/L

1mg/L以下

汚泥、廃酸又は廃アルカリ関係

(規則第1条の2第11項関係)

汚泥若しくは汚泥、廃酸又は廃アルカリを処分するために処理したもの(廃酸又は廃アルカリ以外)

(現行)0.3mg/L

0.1mg/L以下

廃酸又は廃アルカリ若しくは汚泥、廃酸又は廃アルカリを処分するために処理したもの(廃酸又は廃アルカリ)

(現行)3mg/L

1mg/L以下

(2)金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令の一部改正

1)産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物を最終処分場に埋立処分する際に当該産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物に含まれるトリクロロエチレンの基準が以下の表のとおり変更されました。

廃棄物の種類

基準(Before)

基準(After)

汚泥又は指定下水汚泥若しくはこれらの産業廃棄物を処分するために処理したもの

(判定基準省令第1条第8項、第3条第12項関係)

(現行)
0.3mg/L以下

0.1mg/L以下

2)産業廃棄物を海洋投入処分する際に当該廃棄物に含まれるトリクロロエチレンの量の基準を、以下の表のとおり変更します。

廃棄物の種類

基準(Before)

基準(After)

有機性汚泥又は動植物性残さ(令第6条第1項第4号イに掲げるものに限る。)

(判定基準省令第2条第1項、第4項関係)

(現行)
0.3mg/kg以下

0.1mg/kg以下

廃酸、廃アルカリ又は家畜ふん尿(令第6条第1項第4号イに掲げるものに限る。)

(判定基準省令第2条第3項、第5項)

(現行)
0.3mg/L以下

0.1mg/L以下

無機性汚泥(令第6条第1項第4号イに掲げるものに限る。)

(判定基準省令第2条第1項、第2項関係)

(現行)
0.03mg/L以下

0.01mg/L以下

(3)一般廃棄物の最終処分場及び産業廃棄物の最終処分場に係る技術上の基準を定める省令等の一部改正

1)廃棄物最終処分場から排出される放流水の排水基準、廃棄物最終処分場周縁の地下水基準、安定型最終処分場の浸透水の基準について、トリクロロエチレンに関するものが、以下の表のとおり変更されました。
 また、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法施行規則第26条第1項第3号及び第2項第4号に定められた埋立地からの放流水の排水基準及び最終処分場周縁の地下水の基準についても同等の措置が講じられます。

基準(Before)

基準(After)

放流水基準(管理型)

(現行0.3mg/L以下)

0.1mg/L以下

地下水基準(全処分場共通)

浸透水基準(安定型)

(現行0.03mg/L以下)

0.01mg/L以下

詳細は環境省のホームページ、
廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則等の一部を改正する省令の公布についてをご確認下さい。

総合環境分析では規制に基づく産廃の分析について迅速に対応しております。
ご不明な点がありましたら遠慮なくご相談下さい。

産廃分析の見積もり依頼にて承っております。
お急ぎの場合は当社営業部へご連絡下さい。
TEL:045-929-0033

神環協 監事就任のお知らせ

平成28年5月27日に開催された一般社団法人 神奈川県環境計量協議会の第41回通常総会において、
弊社 常務取締役 石渡 壮が監事を拝命いたしました。

このような大役を仰せつかるには誠に微力でございますが、地域環境を守る環境計量証明業のさらなる発展に貢献できるよう取り組んで参りますので、よろしくお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク期間中の検体受付のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

ゴールデンウィーク期間中の休暇については下記期間となります。

平成28年4月29日(金・祝)及び平成28年5月3日(火・祝)~平成28年5月5日(木・祝

(※5月2日及び5月6日は通常通り営業いたします。)

また、ゴールデンウィーク期間中の検体受付につきましては、
下記PDFファイルをご参照下さい。

ゴールデンウィーク中の検体受付のご案内

尚、お急ぎの場合などありましたら当社営業部までご相談下さい。

本社(横浜市)にて技術職を募集!

株式会社総合環境分析では環境調査・分析の仕事を私たちと一緒に担っていただける新たな仲間を募集しております。
総合環境分析で一緒にあなたの知識・経験を思う存分発揮してみませんか。

技術職募集 横浜本社

速達料金手数料のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、お客様のご希望にて速達で報告書等を郵送する場合の速達料金手数料についてご案内いたします。

平成28年4月1日(金)受付分より速達料金300円(税別)を頂戴することになりました。

詳しくは下記をご確認下さい。

速達料金手数料についてのご案内

何卒ご理解をいただくとともに、引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。