ブログトップページ >  神奈川県中小企業家同友会の会報誌に掲載されました!
総合環境分析ブログ

神奈川県中小企業家同友会の会報誌に掲載されました!

神奈川県中小企業家同友会の会報誌に当社の記事が掲載されました!

神奈川県中小企業家同友会会報誌表紙

神奈川県中小企業家同友会会報誌

38年の歴史をしっかりと引き継ぎ、
環境分析と水質検査で社会貢献

安全な環境を守る、誇りが持てる仕事

「中国やインドでは、公害が原因で病気になり毎年100万人以上が亡くなっています。日本も近代化以降、同様に公害がありました。安全な環境を守るために、社会性の高い環境分析や水質検査の仕事は欠かせません。」と、昨年事業承継したばかりの石渡壮社長は語る。
(株)総合環境分析は、様々な水や土、産業廃棄物や排ガス等の中にどのような物質がどれくらいの濃度で含まれているかを調べ、報告書としてお客様に提供する「環境計量証明事業」をメインに行っている。その中でも、「水質分析」が売上の7-8割を占める。工場・下水などの排水分析や、河川や湖沼、地下水などの環境調査に関わる水質分析も行っている。
飲料水(水道水)検査は同社がもっとも得意とする分野で、神奈川県内ではナンバーワンを誇る。中規模以下の自治体は自前での水質検査が難しく、同社のような厚生労働大臣登録の検査機関に委託しており、同社は秦野市、座間市、山北町など1都6県のエリアから受注している。
もう1つの売上の柱は「土壌・地質・産廃等の分析」だ。現在の顧客数は約700あり、民間と行政の割合は5.5:4.5。昔は9:1と圧倒的に民間が多かったが、年々行政からの受注が増えてきている。夏場の検査数は、多い日で200検体以上。冬場でも菌の検査だけで1日あたり平均100検体、そのほかの検査が入ると300検体前後を受け入れている。
現在、横浜本社と町田技術センター、北関東支社(群馬)の3拠点があり、いずれにもラボ(分析室)を構えている。社員は62名、パート、アルバイトや役員までを含めると93名になる。20~40代が主の平均年齢約40歳の会社だ。
近年はHPからの引き合いも多く、北海道や九州の会社から受注することもある。今後はHPを強化して、更なる全国展開を目指す考えだ。

取締役に就任、事業承継への決意

2代目である石渡社長は、20歳の時アルバイトとして総合環境分析に入社。当時の社内制度の下、1年後に準社員、3年目に正社員となる。31歳で、一社員から実質ナンバー2である取締役常務に就任し、2013年秋、同友会に入会した。
当時は31期目。売上約5億9600万円に対し、期末の借入れ残額が6億400万円だった。正直、事業承継に不安もあった。しかし、同友会の青年部で何年もかけて学び、自社に自信を持ち、父である先代から会社を継ごうと腹を決めた。
同社は、30年前から月次決算をはじめ社内の数字を社員に公表している。ガラス張りにしている以上、財務体質や会社の体力も強化しないと社員が安心して永く働けない。そこで、全拠点の若手10数名と社長で委員会をつくり、経費削減について取り組み、社長の考え方や同友会の学びを共有し、経営指針について学んでいる。
元々営業畑だった石渡社長は「戦略がない安売りでは利益が出ない。ある程度良い条件で受注し、お客様の要求と社内の事情を営業が上手く調整できれば、結果的に良い仕事となり、また依頼される。このサイクルこそが利益を出せる営業だ。」と、自身が常務になってから営業に伝えている。その結果、仕事量が減少した年度においても、単価が上がったことにより利益がでるようになっている。

若い力を活かした明るい未来に向けて

新卒社員が26年ぶりに0になってしまった2020年の春、若手女性社員からの提案で社員主導の「採用プロジェクトチーム」が立ち上がった。若手中心に全拠点から合計10名程度で構成し、出身大学の教授たちへの売り込みをスタートした。その効果もあり、2019年は10名程度だったインターンシップ受け入れ数は、2020年末の時点で20名。インターン後、更に興味があれば、アルバイトができる環境も用意している。
「当社は技術の会社。蓄積してきたものをベテランから若手へ承継していくことはとても大事なことです。社長の交代は、いわばスタート。経営指針の10年ビジョンで掲げている『会社の売上げ12億、利益1億』に向かって、雇用を守り育て、社員が安心して永く働ける、人生を楽しめるような会社に成長させたいと思っています。」と、石渡社長は力強く語った。

観測井戸設置と地下水分析

株式会社 総合環境分析では観測井戸の設置と地下水分析を行っております。お客様のご要望により工事期間中に地下水への影響をモニタリングする意味で観測井戸の設置をご依頼されることがあります。

今回は観測井戸の設置から地下水のサンプリングについてご紹介いたします。

 

協力会社のもと、観測井戸を設置します。

井戸設置後の様子。

井戸設置直後の地下水を汲み上げて新しい地下水に置き換えます。

後日、地下水を採取し目的物質(重金属等)の分析を行います。

採取試料

地下水の影響を調べるためには様々な検査項目がありますが、今回お客様からの分析のご依頼は【重金属の分析】でした。

数回にわたり地下水採取し分析を行いましたが、工事期間中に地下水の変化は見られませんでした。

株式会社 総合環境分析は土壌汚染調査機関であります。このような地下水調査のご依頼も多くあります。迅速に対応いたしますのでご依頼、ご相談がありましたらぜひご連絡ください。

 

 

受注事例 工場排水中の全窒素分析

工場排水中の全窒素分析のご依頼を頂きましたので、受注事例としてご紹介させて頂きます。

今回の案件は、排水の水処理を行っている企業様からのご依頼です。

全窒素は、水中に含まれる窒素化合物の総称であり、有機性窒素と無機性窒素の2種類に分類することができます。

窒素は生活・工場排水、食品廃棄物、肥料等に含まれ、農作物の生育に必須な成分ですが、リン等と同じく湖沼や海域における富栄養化の原因とされています。

今回は、お客様が採水を行い、弊社横浜本社へ入荷いたしました。

下の写真は、オートクレーブ前処理をしている様子です。

 

前処理後は、吸光光度計を用いて測定を行います。

測定にて得られたデータを分析担当者が確認及び解析をし、さらに計量管理者のチェックを合格したのちに報告書作成部門にて報告書を作成し、お客様へ発送(必要に応じ速報も)致します。

 

株式会社 総合環境分析では、排水、環境水、問わず全窒素分析の実績がございます。また、全窒素以外の排水基準、環境基準項目の分析も行っておりますので、分析・測定の依頼をご検討の際はぜひご連絡ください。

環境新聞に掲載されました!

株式会社総合環境分析 新代表取締役 石渡 壮が環境新聞の取材を受け、
2021年1月20日付環境新聞に掲載されました。

『新社長の抱負』



 総合環境分析(横浜市、045・929・0033)は昨年9月14日、石渡裕代表取締役社長が退任し、取締役会長に就任した。 後任として石渡壮常務取締役が代表取締役社長に就任した。新社長の新年の抱負を紹介する。

 当社は1983年の設立以来、環境調査・化学分析の仕事を通じて自然環境保全の一翼を担ってまいりました。飲料水水質検査や環境水、排水などの水質分析を中心に事業を展開し、土壌汚染調査、建設発生土分析や産業廃棄物分析の分野にも力を入れております。
 分析ラボを神奈川県、東京都、群馬県の3拠点に有し、営業範囲はこれらに加えて埼玉県、山梨県、静岡県、千葉県など関東とその隣接県に展開しております。 環境計量証明事業、水道法20条および水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)、土壌汚染対策法などの各種登録検査機関として公正なデータを提供し、 お客様の事業の助けとなり、健やかな暮らしを守るために努めてまいります。
 新しく掲げた経営理念は「働きがいと誇りを胸に世界の安心を計り 幸せを創造します」です。 私たちは良い環境、より安全で安心できる環境の実現を目指し、環境問題に関わる事を誇りとし、お客様のニーズにお応えできるよう、分析技術の研鑽を進めてまいります。
新体制の下、当社にかかわる人々が幸せになれるよう、精一杯努力してまいります。
 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

一般家庭、飲料水11項目水質検査

一般の御家庭から、水質検査の御依頼を頂きました。

一般的な水道水の検査として行われているビル管理法に基づく飲料水11項目の検査です。

採水用の容器と、報告書に記載する情報を書いて頂くラベルを送付致します。

お客様の受け取りやすい時間帯を伺えればその時間帯で送付致します。

お客様に採水して頂き、冷蔵便で送って頂きました。

採水場所や、日時、検査項目など、記載事項に漏れがないか確認し、検査に回します。

こちらは細菌の検査の様子です。シャーレに培地を入れてサンプルの水を塗布し、培養します。

弊社にサンプルが到着してから一週間程度で結果が出ますので、報告書をお客様宛に発送致します。

ご自宅で容器を受け取り採水して頂いた後、総合環境分析宛てにサンプルを発送して頂くだけですので、簡単に水質検査を受けることができます。

飲料水以外でも浴槽水や井戸水、雨水等の検査も行っております。気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

建通新聞に掲載されました!

株式会社総合環境分析 新代表取締役 石渡 壮が建通新聞の取材を受け、
2020年11月17日付建通新聞神奈川版に掲載されました。

『神奈川建聞録 総合環境分析 (横浜市緑区)代表取締役に就任した石渡 壮さん』

 創業者の後継として9月に就任。「『計る』仕事を通じて環境と安全を守ることが当社の使命。社員と取引先、地域住民と共に発展する力強い会社をつくる」。神奈川・東京・群馬に分析室を持つ地の利を生かし、強みの飲料水検査と土壌分析の受注拡大を目指す。
 社員全員を巻き込んだ強固組織作りを進める。
新しく定めた経営指針は地震と社員の想いの結晶。風通しの良い職場を意識し、幹部・若手を問わず、
事業戦略や直面する課題などについても意図や考えを直接伝えた上で意見を集約しているという。若手から自発的に「人材採用のプロジェクトチームを立ち上げたい」との働き掛けがあった際は「率直にうれしかった」とにこやかに打ち明ける。
 「1人1人が人生を楽しみ 信頼しあう仲間と共に成長します」という企業目的を掲げ「人材確保と育成をさらに進め、当社の強みとする」。
 化学系学生のインターンシップやアルバイトの受け入れを進めている。「正採用後のミスマッチが起きにくく、お互いに安心できる」
と手応えを感じつつ「来春からの新入社員を楽しみにしている」と笑う。38歳。(横浜支局=杉山弘祐)

受注事例 浄水中のPFOS及びPFOA分析

浄水中のペルフルオロオクタンスルホン酸( PFOS )及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)分析のご依頼をいただきましたので、受注事例として紹介をさせていただきます。
今回は、F県の水道法20条登録検査機関様からのご依頼です。

 

PFOSは、有機フッ素化合物の一種で撥水剤や紙・布の防汚剤原料、泡消火剤成分等として広く使われてきました。
PFOAは、食品包装紙の撥水加工原料などとして広く使われてきました。
PFOSやPFOAは環境中で分解されにくく、水道水の原水および浄水から一定程度検出される状況が継続しており、浄水場における水質管理を適切に行うという観点において2020年4月1日から要検討項目から水質管理目標設定項目へ変更になりました。

 

今回は、お客様が採水を行い、弊社横浜本社へ入荷いたしました。
分析装置にて測定する前に、まずは前処理(固相抽出)を行います。

 

前処理工程が終わりましたら、液体クロマトグラフタンデム質量分析装置(LC/MS/MS)という分析装置にて測定を行います

分析によって得られたデータを分析担当者が整理及び確認をし、さらに水質検査責任者のチェックを合格したのちに報告書作成部門にて報告書を作成し、お客様へ発送(必要に応じ速報も)致します。

 

株式会社 総合環境分析では、浄水以外にも原水や地下水・環境水等のPFOS及びPFOA分析を承っております。
また、PFOS及びPFOA以外の水質管理目標設定項目や水道法水質基準項目(51項目)等の検査も承っておりますので、分析・測定の依頼をご検討の際はぜひご連絡ください。

パーソナルジム&フィットネスジムの水道水水質検査のご依頼

今回は、大阪市吹田市内の【女性専用】パーソナルジム&無料フィットネスジムfis.lady’s江坂様(https://fis-ladys.com/)から、ウォーターサーバーに接続する水道水の水質検査のご依頼を頂きましたので、受注事例としてご紹介させていただきます。

 

fis.lady’s江坂様は、女性のご要望に特化したパーソナルトレーニングを行うジムです。

 

今回は、ビル管理法11項目の検査をご依頼いただきました。
ビル管理法とは「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(略称:建築物衛生法)のことで厚生労働省より定められた法律です。その中で、特定建築物については特に厳しい衛生管理が義務づけられています。
今回ご依頼をいただいたビル管理法11項目は、特定建築物に該当しない場合でも、水道水を利用する施設において、保健所の指導又は自主的に検査される項目です。

ビル管理法11項目内訳(一般細菌、大腸菌、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物、pH値、味、臭気、色度、濁度)

 

下記の写真は、採水の様子です。

今回はお客様に採水をしていただきました。

 

下記の写真は、TOC計で有機物を測定している様子です。

写真左手前側のサンプラーにバイアル瓶をセットし、自動分析を行います。

 

下記の写真は、色度・濁度計で色度と濁度を測定している様子です。

写真中央にビーカーをセットし、自動で分析を行います。

 

分析によって得られたデータを分析担当者が整理及び確認をし、さらに水質検査責任者のチェックを合格したのちに報告書作成部門にて報告書を作成し、お客様へ発送(必要に応じ速報も)致します。

 

株式会社 総合環境分析では、11項目以外にもビル管理法対象施設(特定建築物)や水道法対象施設(専用水道施設)の検査実績がございます。
また、飲料水以外にプール水や工場排水・下水、環境水、土壌等の分析も承っておりますので、
分析・測定の依頼をご検討の際は是非ご連絡ください。

第38期 経営指針発表・全体会議

株式会社総合環境分析では年2回、全社員を集めて全体会議を行っております。
今回はコロナ渦の開催という事で、広い会場を借りまして、感染対策をしっかり行い、十分な換気もしながら時間もいつもより短縮して開催しました。

第37期の総括と第38期の経営指針発表、そして各部門の目標発表を行いました。

第37期はコロナの影響もありまして、目標こそ達成しなかったものの、売上、経常利益、共に過去2番目の数字ということで、第37期の振り返りと第38期の目標発表が行なわれました。


9/14付で代表取締役社長が交代となりましたので、新社長による新しい体制の新しい経営理念の発表も行いました。

さらなる前進のため、第38期の部門目標を各部門長から発表されました。

今回は新入社員紹介やご来賓の方々からのご挨拶をいただき、グループ討論は行わず短時間で終了しました。

毎年同じように行われている全体会議ですが、今回はコロナ渦という事で、規模を縮小しての開催となりました。
タイムスケジュールも厳しかったですが、なんとか第37期の振り返りと第38期の目標発表、新しい経営理念の発表ができました。

また、ご多用のところお越しいただいたご来賓の皆様、本当にありがとうございました。


農薬類の対象農薬リストに掲げる項目の目標値が改正しました

~水質管理目標設定項目に係る改正について~

農薬類の対象農薬リストに掲げるカルタップ、ジグワット、プロチオホスなどについて、それぞれ目標値が見直されました。(令和2年4月1日施行)

           

当社では改正後に目標値が強化された項目につきまして、迅速に対応しております。分析のご依頼の際は、検査納期等をご相談させていただく場合がございます。

分析・見積のお問合せ 本社営業部営業課 TEL:045-929-0037

六価クロム化合物の水質基準値が改正されました!

~水質基準の改正について~

 六価クロム化合物の水質基準値が改正されました!令和2年4月1日より施工。

「水質基準に関する省令」(平成15年厚生労働省令第101号)の一部を改正し、六価クロム化合物に基準が改正されました。それに伴い「給水装置の構造及び材質の基準」及び「薬品等基準及び資機材等材質基準」も改正されました。

      

当社では水質基準の強化に伴い水質基準値の1/10である定量下限値0.002㎎/Lに対応しまおります。それまで通り分析結果をスピーティーに報告いたします。

分析・見積のお問合せ 本社営業部営業課 TEL:045-929-0037

多々良沼 水質検査結果  令和2年3月


多々良沼の様子
株式会社総合環境分析では社会貢献の一環として事業所近くの河川や湖沼の水質について定期的に水質検査を自主的に行っております。
分析結果について下記のとおり発表させていただきます。

採水場所: 多々良沼
採水日 : 令和2年3月27日
採取時間: 13:30

pH 9.1(21.8℃)
BOD 7.6
CODMn 13.5
浮遊物質量(SS) 18.5
全窒素 2.4
全リン 0.20
DO 18.5

※上記分析結果の数値に関するお問い合わせは受付けておりませんのでご了承下さい。

多々良沼 水質検査結果  令和2年2月


多々良沼の様子

株式会社総合環境分析では社会貢献の一環として事業所近くの河川や湖沼の水質について定期的に水質検査を自主的に行っております。
分析結果について下記のとおり発表させていただきます。

採水場所: 多々良沼
採水日 : 令和2年2月28日
採取時間: 15:30

分析項目 分析結果
pH 7.9(21.0℃)
BOD 8.2
CODMn 12.2
浮遊物質量(SS) 34.0
全窒素 4.2
全リン 0.30
DO 14.3

※上記分析結果の数値に関するお問い合わせは受付けておりませんのでご了承下さい。

第37期中間総括会議

株式会社総合環境分析では年2回、全社員を集めて全体会議を行っております。
今回は第37期の中間総括として財務報告、営業活動報告、各部門長から目標に対する中間報告を行いました。

午後は合同会社社外人事部長の長谷川様をお招きして、「社会をうまく生き抜く為のお金の勉強会」という題目で講演していただきました。

今回は新しい試みとして、長谷川様の講演を受けてキャッシュフロー着眼モデルへ記入し、グループ討論内で発表しました。

総合環境分析ではこの全体会議にて経営状況の進捗確認、目標の進捗確認を行い、また新しい試みとして外部講師による講演や勉強会を行なうことによって全社員のレベルアップにつなげております。

多々良沼 水質検査結果  令和2年1月

多々良沼の様子

株式会社総合環境分析では社会貢献の一環として事業所近くの河川や湖沼の水質について定期的に水質検査を自主的に行っております。
分析結果について下記のとおり発表させていただきます。

採水場所: 多々良沼
採水日 : 令和2年1月30日
採取時間: 10:10

分析項目 分析結果
pH 9.2(22.2℃)
BOD 7.4
CODMn 10.5
浮遊物質量(SS) 12.0
全窒素 3.0
全リン 0.23
DO 16.9

※上記分析結果の数値に関するお問い合わせは受付けておりませんのでご了承下さい。

多々良沼 水質検査結果  令和元年12月

多々良沼の様子

株式会社総合環境分析では社会貢献の一環として事業所近くの河川や湖沼の水質について定期的に水質検査を自主的に行っております。
分析結果について下記のとおり発表させていただきます。

採水場所: 多々良沼
採水日 : 令和元年12月20日
採取時間: 12:50

分析項目 分析結果
pH 8.0(19.7℃)
浮遊物質量(SS) 72.5
BOD 5.0
CODMn 11.1
DO 13.4
全窒素 4.5
全リン 0.26

※上記分析結果の数値に関するお問い合わせは受付けておりませんのでご了承下さい。

多々良沼 水質検査結果  令和元年11月

多々良沼の様子

株式会社総合環境分析では社会貢献の一環として事業所近くの河川や湖沼の水質について定期的に水質検査を自主的に行っております。
分析結果について下記のとおり発表させていただきます。

採水場所: 多々良沼
採水日 : 令和元年11月27日
採取時間: 11:50

分析項目 分析結果
pH 7.7(20.3℃)
浮遊物質量(SS) 6.0
BOD 3.1
CODMn 5.8
DO 12.4
全窒素 3.0
全リン 0.11

※上記分析結果の数値に関するお問い合わせは受付けておりませんのでご了承下さい。

受注事例 工場排水中のフッ素化合物分析

工場排水中のフッ素化合物分析のご依頼を頂きましたので、受注事例としてご紹介させて頂きます。

今回の案件は、電子部品の製造を行っている企業様からのご依頼です。

フッ素は非常に酸化力の強い元素であるため、フッ素化合物として半導体製造装置や光ファイバー、歯磨き粉等、様々な用途で利用されています。

また、過剰摂取した場合には骨硬化症、脂質代謝障害等人体への悪影響も懸念されています。

今回は、お客様が採水を行い、弊社横浜本社へ入荷いたしました。

 

下記の写真は、フッ素化合物の流れ分析法で使用する分析装置「オートアナライザー」です。

流れ分析法が認められる以前は、ランタン-アリザリンコンプレキソン吸光光度法による分析が行われてきました

が、前処理の蒸留作業が必要であり、手作業での分析であるため、一度に大量検体の分析を行うことができませんでした。

しかし、流れ分析法が公定法及びJIS規格として制定されたことによって、従来手作業で行っていた分析を自動化することができました。

それによって、一度に大量検体の分析を行うことが可能となりました。

 

下記の写真は、オートアナライザーで流れ分析を行っている様子です。

写真中央のサンプラーに検液をセットし、自動分析を行います。

分析によって得られたデータを分析担当者が整理及び確認をし、さらに計量管理者のチェックを合格したのちに

報告書作成部門にて報告書を作成し、お客様へ発送(必要に応じ速報も)致します。

 

株式会社 総合環境分析では、工場排水以外にも土壌や環境水、飲料水問わずフッ素化合物分析の実績がございます。

また、フッ素化合物以外の排水基準や環境基準等の分析も承っておりますので、

分析・測定の依頼をご検討の際はぜひご連絡ください。

 

 

 

 

多々良沼 水質検査結果  令和元年10月

多々良沼の様子

株式会社総合環境分析では社会貢献の一環として事業所近くの河川や湖沼の水質について定期的に水質検査を自主的に行っております。
分析結果について下記のとおり発表させていただきます。

採水場所: 多々良沼
採水日 : 令和元年11月5日
採取時間: 13:07

分析項目 分析結果
pH 8.0(20.8℃)
浮遊物質量(SS) 10.0
BOD 6.8
CODMn 6.8
DO 13.3
全窒素 3.6
全リン 0.11

※上記分析結果の数値に関するお問い合わせは受付けておりませんのでご了承下さい。

レジオネラ属菌水質分析 

◎レジオネラ属菌とは自然界(河川・湖沼水・温泉・土壌中)に生息している細菌です。

レジオネラ属菌は、今現在でおよそ60種類が知られているそうです。

レジオネラ属菌検査は主に冷却塔水・プール水・浴槽水などで行われます。

今回はある自治体から依頼のレジオネラ属菌検査を紹介します。

下記の写真は冷却塔から採取した試験水です。

 

◎試験水は空気が残るように、容器(滅菌ビン)に肩口位までに採取します。

 

 

◎採水した試験水をメンブレンフィルターで濾過をして培地の入ったシャーレに塗布します。

 

 

◎塗布したシャーレを36℃で最長5日~7日間乾燥を防ぎ培養をします。

 

◎培養後、白く浮き上がっているものが菌のコロニーです。

レジオネラ属菌検出の疑いがある物はさらに、確定試験に進みます。

確定試験はシャーレに塗布してさらに24時間から最長で5日間の

培養が必要になります。

こうして、レジオネラ属菌の検査は行われます。

レジオネラ属菌は循環水中に発生しやすいので、こまめな清掃が必要です。

 

※当社ではレジオネラ属菌のみならず、クリプトスポリジウム・ジアルジア、嫌気性芽胞菌等の

検査もお受けしております。

ご検討の際はご相談ください。

RSSフィード Twitterへ