トップページ >  採用情報 >  社員インタビュー

社員インタビュー

技術2課 松田綾乃*

総合環境分析の社員をご紹介します。
いろいろ個性的な人もおりますが、環境に携わりたい、地域貢献したいとの思いで入社された方が多いです。
社員一丸となってお客様に喜んでいただけるよう、日々がんばっています。

ー社員紹介ー
2019年7月入社。千葉県出身。技術2課 所属。シマジン、チオベンカルブ、有機リンを中心に農薬を担当。

松島2_01

*プライバシー保護の為、名前は仮名にしております。

Q1.入社の動機(総合環境分析を選んだ理由)は?

前職で品質管理業務に携わっていたこともあり、そこでの経験を活かしたいと思っていたからです。
総合環境分析の分析試験業務は、任された役割をいかに効率よく正確に行うかがポイントの一つだと感じています。日々の仕事を自分なりに試行錯誤して取り組むことができる点が、楽しく感じる部分です。

Q2.現在の仕事を教えて下さい。

主に環境水、土壌や産業廃棄物に含まれる農薬の一部の項目を担当しています。
検体が入荷されると、前処理、測定、データ解析、結果報告までの一連の流れを一人で担当します。
私が所属する技術部技術二課は男性5名女性3名で構成されており、その他にパートさんやアルバイトさんの力もお借りしながら業務を行っています。
総合環境分析には、「総合職」以外に時短勤務が可能な「一般職」があり、
個人のライフワークバランスに合わせた働き方を可能な限りで選択することができます。女性も将来を見据えて仕事を始めることができるのではないでしょうか。

Q3.仕事の魅力、やりがいは?

生活に必要不可欠である水の安心・安全を守ることに微力ながら貢献できている点です。自分が出したデータは“モノ”として形には残りませんが、お客様をはじめすべての人の“安心・安全”に繋がっている事実は、私のモチベーションに繋がっています。
また、総合環境分析では様々な分析装置を使っているので、一つずつマスターしていくこと、そしてトラブルの対処法など吸収すべきことが尽きない点が魅力の一つだと思います。

松田2

Q4.仕事で成長したと思う点は?

分析装置の操作やメンテナンスについて初めはわからないことばかりで、先輩社員に相談しながら行っていましたが、少しずつではありますが自分で判断し、作業を行えるようになった点です。パターンがわかってくると自分の仕事にも余裕ができ、周囲と声を掛け合いながら、協力して仕事に取り組めるようになりました。

Q5.今後の目標を教えて下さい。

この会社の一員となって2年目ですが、まだまだ経験のない分析項目は多くあります。それらを一つでも身につけ会社に貢献することができれば幸いです。そして、今後は、後輩社員も増えてくるので、私がされた様に後輩を気遣いながら仕事に取り組みたいと思います。

Q6.(未来の社員へ)メッセージをお願いします。

中途入社の社員も多く、会社全体が新たな仲間を快く迎え入れる雰囲気が自然と流れているように感じます。助けを求めれば、手を止めて振り向いてくれる先輩社員や上司がいる環境はとても心強いです。また、年4回ほど上司との面談があり、自分の今後のビジョンについて相談したり、自分の意見を伝えられる場が設けられているので、方向性を定めながら前進していくことができると思います。
一緒に頑張りましょう。

1日のスケジュールを教えて下さい。

8:15 出社
8:30 朝礼・業務開始
8:45 掃除
9:00 入荷確認、分析業務など
12:00 昼食・昼休憩
13:00 分析作業
15:00 休憩(15分)
17:00 結果報告、後片付け、翌日の準備
17:45 業務終了
18:00 退社

*上記はあくまでも基本的な1日の流れであり、日によって変わります。