ブログトップページ >  飲料水検査技術研修会にて事例発表を行ないました。

総合環境分析ブログ

飲料水検査技術研修会にて事例発表を行ないました。

平成27年度 全国給水衛生検査協会関東甲信越支部「飲料水検査技術研修会」

平成27年度 全国給水衛生検査協会関東甲信越支部「飲料水検査技術研修会」にて総合環境分析 東京技術センター 技術部 佐藤雄嘉が事例発表をさせていただきました。
 

開催日時 : 平成27年10月2日(金)
会  場 : エテルナ高崎 3階 ヴェルデ
発表主題 : 「ダゾメット・メタム(カーバム)の検査方法で工夫した事」
発 表 者 : 東京技術センター ○佐藤 雄嘉 井上 和之

 
 
 

平成27年3月25日にダゾメット及びメタム(カーバム)の測定方法としてPT-GC-MS法が定められました。
これらの2成分はメチルイソチオシアネート(以下MITCと省略)を測定し、その濃度を各成分に換算し算定することが定められています。
 今回、MITC測定においてPT-GC-MS法での最適な前処理・測定条件の検証、さらに今後導入が期待されるHS-GC-MS法での測定検証も行なったので、併せて報告させていただきました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

事例発表の様子

事例発表の様子