ブログトップページ >  受注事例 工場施設変更による表層土壌調査

総合環境分析ブログ

受注事例 工場施設変更による表層土壌調査

M社S工場の施設変更に伴う表層土壌調査依頼を受け実施したので受注例を紹介します。

仕事の流れ
① お客様より見積依頼
③ お客様へ見積書提出
② 作業内容確認
④ 日程調整
⑤ 現地調査・サンプリング
⑥ 分析・報告書作成
⑦ 速報連絡
⑧ 報告書提出

今回受注の内容
土壌ガス採取1箇所、土壌ガス分析1検体(第一種特定有害物質12項目)持ち帰り分析
土壌試料採取1箇所、(土間厚200mm)土壌溶出・含有分析1検体
分析項目:第二種特定有害物質9項目溶出・含有
第三種特定有害物質5項目溶出
報告書作成

上記の内容で受注し作業実施後7営業日で報告しました。

下の写真は風乾をしている様子です。

 

 

 

下の写真は土壌ガスを測定している様子です。

 

総合環境分析では、その他工場移転に伴う表層土やボーリング土壌の分析、またUCR受け入れの土砂検定、東京港埠頭株式会社や千葉受入土砂の検定等も実施しております。
土壌調査をご検討の際は是非ご連絡ください。