ブログトップページ >  環境新聞に掲載されました!

総合環境分析ブログ

環境新聞に掲載されました!

株式会社総合環境分析 新代表取締役 石渡 壮が環境新聞の取材を受け、
2021年1月20日付環境新聞に掲載されました。

『新社長の抱負』



 総合環境分析(横浜市、045・929・0033)は昨年9月14日、石渡裕代表取締役社長が退任し、取締役会長に就任した。 後任として石渡壮常務取締役が代表取締役社長に就任した。新社長の新年の抱負を紹介する。

 当社は1983年の設立以来、環境調査・化学分析の仕事を通じて自然環境保全の一翼を担ってまいりました。飲料水水質検査や環境水、排水などの水質分析を中心に事業を展開し、土壌汚染調査、建設発生土分析や産業廃棄物分析の分野にも力を入れております。
 分析ラボを神奈川県、東京都、群馬県の3拠点に有し、営業範囲はこれらに加えて埼玉県、山梨県、静岡県、千葉県など関東とその隣接県に展開しております。 環境計量証明事業、水道法20条および水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)、土壌汚染対策法などの各種登録検査機関として公正なデータを提供し、 お客様の事業の助けとなり、健やかな暮らしを守るために努めてまいります。
 新しく掲げた経営理念は「働きがいと誇りを胸に世界の安心を計り 幸せを創造します」です。 私たちは良い環境、より安全で安心できる環境の実現を目指し、環境問題に関わる事を誇りとし、お客様のニーズにお応えできるよう、分析技術の研鑽を進めてまいります。
新体制の下、当社にかかわる人々が幸せになれるよう、精一杯努力してまいります。
 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。