ブログトップページ >  飲料水VOC項目検査

総合環境分析ブログ

飲料水VOC項目検査

VOCとは揮発性有機化合物(VOC:Volatile Organic Compounds)の略称です。

腎臓、肝臓障害や発がんのおそれがあり、水質基準が設けられています。

 

VOCは空気中に揮発しやすい成分のため、色付きの瓶に空気が残らないよう満水に採水します。

弊社のパージ・トラップ前処理装置(上)とガスクロマトグラフ質量分析計(下)です。

前処理装置で分析する成分を取り出し、ガスクロマトグラフ質量分析計でサンプルの成分濃度を測定します。

複数のサンプルをパージ・トラップ前処理装置にセットし、効率的に分析を行います。

 

パージ・トラップ前処理装置でサンプルを処理している所です。

サンプル液の中から目的の成分をパージ(追い出)しトラップ管に捕集してガスクロマトグラフ質量分析計に送ります。

分析データを確認している所です。

VOC項目は水道水中に消毒用として添加されている塩素が分解された際の副生成物として発生し、特に水温の高くなりやすい6月~9月に検査することが多い項目です。

総合環境分析ではVOCを含む飲料水やプール水、環境水等の水質検査のご依頼をお受けしております。

分析・測定の依頼をご検討の際はぜひご連絡ください。