ブログトップページ >  職場体験レポート2016

職場体験&インターンシップ

職場体験レポート2016


中学校職場体験

総合環境分析では地域社会貢献の一環として、毎年、近隣の中学生を対象とした、職場体験学習に協力しています。

中学生が数日間に渡り当社へ訪問し、実際に仕事を体験するなかで「働く」ということを考え、自立した社会性を身につける事を目的とし、少しでも新しい発見や何かを得てもらえるよう社員で協力しています。

2016年11月21日から11月25日までの4日間、東京技術センター(東京都町田市)にて職場体験を行い、昨年に続いて町田市内のつくし野中学校の生徒さん4名が職場体験に来ました。

11月24日には雪が降り(東京で11月に初雪が観測されるのは1962年以来54年ぶり、積雪は観測史上初めて)非常に寒い中、11月25日は雪の関係で一部プログラムを変更して河川サンプリング実習等を行ないました。


境川河川サンプリング実習

職場体験で毎年恒例となりましたが、境川に向かい実際の河川調査を想定したサンプリング実習を行いました。
今回も実際に川から水を採水してもらい、現場でpHや透視度等の測定を行ないました。

境川 河川のサンプリング実習

前日の雪の影響で川の水が濁っており、透視度は低かったのですが、どのように採水するのか、どのように測定するのか、採水時の注意事項なども踏まえ、実際の業務と同じ体験をしてもらいました。

20161125photo03

鶴見川源流見学

cimg5323

こちらも毎年恒例ですが鶴見川上流に行き、鶴見川の源流を見学しました。生徒さん達は身近な河川の源流を初めて見た驚きと、水のきれいさに関心していました。

前日に雪が降ってしかも寒い中でしたが、意外と水はあたたかく、生徒さん達もそれぞれ水を触って驚いている様子でした。

20161125photo04

自然環境の大切さも感じてほしい

総合環境分析 東京技術センターでは、数年前から町田市内の職場体験協力事業所として毎年協力しています。

実際の業務体験も毎回趣向を凝らして行なっていますが、それと同時に自然環境の大切さを改めて身近に感じてほしいという願いから境川の河川サンプリング体験や鶴見川の源流見学などを行なっています。

今回も見学の後に職場体験の感想を聞いてみました。

【職場体験の感想】

T 君
 ・「河川実習が楽しかった。最初緊張したけど、実際は楽しかった。」
 ・「1人1人役割があってチームで仕事をしている事がよくわかった。」

U 君
 ・「河川実習が楽しかった。(実際の検査業務は)理科の実験よりも本格的でおもしろかった。」
 ・「社会人は大変そうだと思った。働くことがどうゆう事かというのがわかった。」

F さん
 ・「河川実習が楽しかった。(分析機械を見て)機械が好きなので、どうゆうものか見せてもらえて良かった。」
 ・「仕事がつながって成り立っている事がわかった。」

I さん
 ・「実験と河川実習が楽しかった。仕事で1日に何百個も分析をこなして大変そうだった。」
 ・「会社ってあまり仲良くないイメージがあったけど、みんな楽しそうに仕事をしてたので驚いた。」


お礼の手紙

職場体験終了後、つくし野中学校の生徒さんそれぞれから丁寧なお礼の手紙をいただきました。
4日間という短い期間でしたが、楽しくいろいろな事を学んでくれたようでした。

20161125photo05

職場体験では社員にとっても良い経験となり、また地域社会に貢献できる良い機会ととらえ、できる限り毎年継続していきたいと考えています。
体験に来てくれた生徒さん達が社会に出た時にこの経験が少しでもお役に立てれば幸いです。
今回、職場体験に来てくれた、つくし野中学校 生徒の皆さん、ありがとうございました。